オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
アルゼンチン

マルベック 、ハズレない説。

ミッシェル トリノ クマ オーガニック マルベック 2019

MICHEL TORINO CUMA ORGANIC Malbec 2019

参考価格:1000円前後

購入価格:1013円

産地:アルゼンチン/カファジャテ

品種: マルベック

糖度:7度

購入元:フェリシティー(楽天)

インポーター:株式会社スマイル

庶民のワインポイント:3.12点

送料無料狙いの数合わせでねじ込んだ1本。

マルベック は比較的安価な価格帯で、意外に種類も豊富かつハズレが少ない印象が強い「優良品種」。ただし、シノニム(別地域で生産されているマルベック)になってくると地雷を踏んだ経験もあるので、あくまで「アルゼンチンのマルベック 限定」でハズレない節を唱えたいと思っています。

しかし、濃くて分かりやすい味と言った点では好き嫌いが別れそうなタイプ。

このワインも、抜栓直後から力強いジャーミーな香りが鼻腔を突き抜けます。

コンポートした黒系果実主体のアロマに、薔薇のニュアンス。

かなりの期待感と安心感を持って口に含んでみたところ、衝撃が、、、、。

「えっ、なんやこれ、、、、、(困惑)。」

ポジティブに言うと、個性が強くて変わった味。

ネガティヴに言うと、バランスが崩れた腐った味。

この腐った味とは、若ワインに飲みなれている私が、時節熟成ワインを飲んだ時に感じる不快なニュアンス。人によっては複雑味と奥行きを感じる素敵な味わい。

食べ物に例えると、内臓系を生で食べれる人か否か。ちなみに私はレバーがNGです。

今まで体験してきたマルベック とは全く別物なのは、果たして「オーガニック」たるモノの所以なのか、実は奥深き品種なのか。。。

冒頭でのべてた、マルベック への偏見フィルターは今後外す必要性があるようです。

と言い終えるところでしたが、

この日のメニューはキムチ鍋。マリアージュ成立で化けましたよこのワイン。

舌先に残る辛味が、ワインに眠っていた上品な甘さを引き出してくれました。

こうなってはもうグラスが止まらない。ワインスペークターで86点評価(2010年)も伊達じゃないですわ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:5点

生産地:3点

買いやすさ:4点

売り文句:2点

レーズンは確かにそう言われれば感じるかな。ただし、抜栓直後のニュアンスとはかけ離れているので、飲み頃なんかはご教授いただきたいところ。

紫がかった輝きのあるルビー色。
黒いベリー系果実の熟れた香りにレーズンやチョコのような深みのある味わい。
酸味と果実味、ボディとのバランスが綺麗に取れています。

アロマ:4点

複雑性:3点

余韻:3点

たいがくんポイント:3点

味わいの変化が激しくて困惑。ワインって本当に難しいですね。

総合評価:3.75点

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。