スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
ニュージーランド

たまにはド直球でメンテナンスもあり?

マナ バイ インヴィーヴォ ピノノワール

MANA by INVIVO Pinot Noir

参考小売価格:1900円ぐらい

産地:ニュージーランド・ワイパラ

品種: ピノ・ノワール

購入元:プルール

インポーター:株式会社サザンクロス

ニュージーランドのピノ・ノワールほど飲む前から味の想像しやすいワインはないってぐらいニュージーランドのピノ・ノワールは得意中の得意。

すなわち、自分では絶対に買うことがないワインなので、依頼したセレクトに入っていると地味に嬉しかったりします。年1ぐらいで味わいのメモリメンテナンスしておかないと、いつ足元すくわれるかわかりませんからね。

今回は、飲むつもりのなかった夜に、我慢できなくなり緊急登板。そんな時にスクリューキャップってホントに手軽でありがたいんですよね。開けるのが安易ってのももちろんですが、一杯飲んで気負いなく再栓できるってやっぱりありがたい。

で、このワインですが、想像通りのテンプレート的ニュージーランドのピノ・ノワール。実勢価格2千円切りでこのクオリティーは正直な所べた褒めレベル。すごいキレイな味わいで寝る前の一杯で終わるつもりが結局半分以上飲んでしまう結末に。

本日の組み合わせ

初日はツイッターでやり取りしながらガバ飲み。翌日のブランチはナポリタンと合わせましたが、無難止まり。ワインだけである程度楽しめるので、無理に食事と組み合わせる必要感じないタイプですね。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。