オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

ロサダ、安い方は終売になってますね。

ロサダ 2019 ヴィノス デ フィンカ

Losada 2019

参考小売価格:2000円ぐらい

産地:カスティーリャ・イ・レオン

品種: メンシア

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

3ヶ月ほど前に購入していた鬼コスパセットからの1本。

以前飲んだことあるワインとして保管しておりましたが、ラベルをよく見るとレンジ違いだったというわけです。

同じワイナリーでもエントリー、ミドルレンジ、フラグシップと値段の高低差があるので、よく調べておかなくてはですね。

このワインはポジションとしてはエントリーですが、30ドル以下のメンシアワイントップ8に選出されており、その他受賞歴も多数。

現在終売しておりましたし、実は高い方より美味しいのかもしれません。

が、高い方のブログ(アルトス デ ロサダ ビニェドス ビエホス 201)を振り返ると、高級ブルゴーニュに匹敵みたいな文言があるではないですか。

ともあれ、なるべくフラットな気持ちで飲んでみます。

初日は濃い料理とのペアリング。ミートスパと合わせましたがマリアージュ決まりまくりで絶頂晩酌。濃い中にも酸味がいい仕事してくれてます。

翌日は食後の追い込みワインとして飲んでみますが、ワインだけで飲むと表情かわりますね〜。乳酸というかヨーグルトの要素がわかりやすいほどでていて、それはそれで個性のあるワインとして楽しめます。

ただ濃いだけではない、きれいなバランスのワイン。

メンシアを代表するワインってのも納得です。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com