オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
フランス/ローヌ地方

自然派メルロに初挑戦。

ドメーヌ・レ・ドゥー・テール シレーヌ・メルロー 2019

Domaine Les Deux Terres

参考小売価格:3000円

産地:フランス / コートデュローヌ / アルデッシュ

品種: メルロ

購入元:三本酒店

インポーター:ヴァンクゥール

自然派の赤ワインはどれも似たりよったりに感じてしまうので避けておりましたが、「メルロ」のナチュールは飲んだこと無かったので購入してみました。

2千円以下で酒屋の店主さんにリクエスト出していましたが、「メルロは化粧してるのが殆どだから、この金額が限界」とご案内頂き、定価的には貴族のワイン。

3千円出せばボルドー右岸でそこそこのメルロが飲めるので、求めるハードルを高めに設定し、飲んでみました。

初日は食後の落ち着いた時間帯にトライ。

香りは華やかですが、飲んでみると只々渋く、近寄りがたい味わいにグラス1杯でリタイア。

しかし、渋いワインは食事との組み合わせで化ける事があるので、翌日すき焼きと合わせましたが想定以上のマリアージュ成立。

すき焼きに限らず、甘くて濃い料理とは基本的に合いそうですが、問題は値段ですわね。

味わいの膨らみや変化は少なく、余韻も浅め。酸っぱくて渋い飲みにくいので、大衆受け(庶民のワイン)を考えると褒めるべきポイントはゼロに等しい。赤ナチュールの印象が更に悪くなったかも。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Eランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • すき焼き、デミグラハンバーグ、ビーフシチューとかと合わせない限り、美味しくいただけないかも。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。