スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
・テイスティング日記

果たしてこれはワインなのか??

メルシャン スパークリングワイン ドレッシー ロゼ 

Mercian DRESSY ROSE

参考小売価格:ハーフ450円ぐらい、フル1200円ぐらい

産地:不明

品種: 不明

購入元:アマゾン

製造元:メルシャン

スーパーでよく見かける大手メーカー製造の色物シリーズ(濃縮還元にガス注入)。イロモノと言えど、大衆の味覚を研究し尽くして造られているので小難しいことを考えない限りは美味しく頂けます。

といいつつ、飲み手の好み、味覚、感性が売り手のターゲット層と乖離している場合は注意。

今回のスパークリングワインは、ワインっぽさが無いに等しいジュース的飲み物。まずキャップからしてラムネっぽい雰囲気で笑えました。

泡立ちは強炭酸とは言い難いまでも、スパークリングという括りでは合格。割とスッキリしていてベタついた甘さもないですが、飲み進めると幼き頃よく食べた、屋台のシロップかき氷が溶けた味を思い出します。

メーカーの製品ページは2本で1ページにまとまっており、あまり気合の入った製品ラインナップには感じません。何年続いている商品かわかりませんが、いつの間にか終売になりそうな予感さえします。。

果たして、これをスパークリングワインと認めて良いのかどうか、、、値段からしてもカバ(スペインのシャンパーニュ製法ワイン)あたりに失礼な気がします^^;

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):50点

生産地:0点

アロマ :4点

バランス :4点

余韻 :4点

複雑性:1点

買いやすさ:5点

主観:3点

ジュースとしては美味しい。でも缶ワインの方がワイン感がある。

総合得点:71点

庶民のマリアージュ

食事と合わせても問題ないのですが、背徳感をスパイスに昼間こっそり飲むと美味しいですよ。

正統派「格安」スパークリングでお勧めはこちら↓

貴族ワインの代名詞「シャンパーニュ」が庶民の価格で

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。