オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

カバじゃない、スペイン泡はどうかな。

アンベロ・ブリュット/AMPELO BRUT

ワインセラー の奥底に眠っており、どこでいつ買ったのか、全く記憶にないワインです。

しかも、ネット上でも見つけることが出来なかったので、詳細は不明な点が多いです。

普段、単品でスパークリングを買うときは、千円以下かスペインのカバなので、おそらくセット商品に紛れ込んでいたワインでしょう。

結論から申し上げますと、カバ(瓶内2次発酵)じゃない、スパークリングでも、味わいの区別はつかなかったです。

スパークリングワインの味わいのポイントとしては、

  • 気圧の高さ(炭酸の強さ)
  • 香りの強さ(品種や特性)
  • 味わいのコク(濃厚か淡白か)
  • 甘辛(砂糖の量)

の4つが挙げらます。

すなわち、

  • 気圧が高く(泡立ちが強く)
  • 香りが豊かで(ぶどう本来の力強さが残っている)
  • 味わいにコクがあり(熟成や混成に技あり)
  • 自然な甘さ(人工的に造られた甘さではない)

なスパークリングであれば、味わい深い「高品質」なワインと位置付けられるので、製造工程や価格云々抜きに、「飲んで良かった」と感じれます。

このワインはまさに、飲んで良かったタイプ

4つの項目すべて合格ラインで、千円以下なら、ダース買いしてもおかしくない味わいでした。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com