オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

理解は激むず、ニュートラルな品種

ドメーヌ・デュ・オー・ブール ラ・デジレ・デュ・オー・ブール 2022

Cotes de Grandilleu Sur Lie Domaine du Haut Bourg 2022

参考小売価格:2750円

産地:フランス・ロワール地方

品種: ミュスカデ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

鬼コスパ第41弾に入っていたCAVE de L NAOTAKAの代表的生産者「ドメーヌ・デュ・オー・ブール」。

熟成された前代未聞のミュスカデを飲んで以来、非常に好きな生産者で、銘柄ごとに違った表情を魅せてくれてます。

このワインもミュスカデにしては高価な部類に入るので、前代未聞のミュスカデに近いものを期待しましたが全くの別物。

これは理解が難しい玄人好みのワインです。

時間経過とともにジワジワ美味しく変化していくタイプなので、最初の一口目のインパクトは微妙と言えます。

柑橘系の香りから苦み、塩気を感じるミネラルのニュアンス。舌にしっかり載ってくる果実味にピリリと残るシュール・リー。

魚介類、あっさりした料理との相性が期待できる他、肉まんとの相性も抜群でしたよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク (24年3月より基準改定

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com