スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ローヌ地方

庶民のワイン史上最も古いヴィンテージ

ポール・ジャブレ・エネ クローズ・エルミタージュ ドメーヌ・ド・タラベール ルージュ1994

Crozes Hermitage Domaine de Thalabert Rouge 1994

参考小売価格:6000円

産地:フランス・北ローヌ/クローズ・エルミタージュ

品種: シラー

購入元:かめや

インポーター:モトックス

一年以上前に地元の酒屋さんから、「モトックスさんからオススメの古酒仕入れました。熟成状態も完璧らしいです!」とご案内頂いたので購入してみました。

ラベルがとても綺麗で、とても30年近い熟成してるように感じませんでしたが「1994」って表示が高揚感をもたらせてくれます。

流通されているワインでここまで古いヴィンテージに出会ったことがなかった為、空けるタイミングを模索していたのですが、熟成ブルゴーニュ飲むタイミングで飲み比べてみようと決意しました。

コルクはラベル状態と同じように綺麗で、インポーターさんが「熟成状態も良い」っと案内しただけの事はあります。

熟成ブルゴーニュが衝撃的な色合いだったのに対し、外観のインパクトは弱め。

オレンジがかったったて表現がしっくりきますが、せいぜい15年熟成ぐらいの色味。オリも多少あるものの、普段見かけるレベル止まり。

香りは弱めですが、生き生きとしていて、飲み頃は少しだけピークを過ぎたかなって印象。

口当たり優しく、余韻も浅め。シラーのスパイスや獣風味は全く感じないので、ブラインドで飲んだら「熟成したACブルゴーニュ??」って答えてしまうかも。

くせっ毛がなく、古酒にしてはとてもスムーズに飲めるので期待していた味わいとは違ったかな。

本日の組み合わせ

ワインと向き合ってじっくり。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

インポーターページも1994ビンテージが未だ存在しているので、モトックス取り扱いの酒屋さんにはまだ残ってそうですよ(ネットにはなさそう)!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。