オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

ビンテージ違いで飲み比べ、連夜のロゼ

ロゼ ダンジュ ラ シャペル 2018

ROSE D’ANJOU LA CHAPELLE 2018

参考小売価格:1600円

産地:フランス・ロワール・アンジュー

品種: グロロー、カベルネフラン

購入元:かめや

インポーター:ラックコーポレーション

昨日に続いてロワールの同じロゼワインをビンテージ違いで飲み比べ。

外観からしても2018が濃い色で、はっきりとした違いが現れています。

香りは取りづらく、飲んでみてもなんの要素かわからない感じ。

2016ビンテージでは心地よい甘さと、ナチュラルないちご要素を感じ取れたのですが、2018年ビンテージはアルコールの要素が尖って感じるので、とっつきにくい印象。

凝縮感は2016年同様しっかりとあり、安ロゼにしてはリッチな口当たりなのですが、飲み疲れしてるのかやはりアルコール感が気になります。

食事と合わせるなら2018年、食後にまったりなら2016年と同じワインでここまで印象が違うとなると、今後ビンテージ違いで買い揃えていくのもアリかなって思えてきました。

↓当研究所が現在オススメしているワインセット↓

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):49点

生産地:4点

アロマ :3点

バランス :4点

余韻 :3点

複雑性:4点

買いやすさ:5点

アマゾンの定期便で買えるよ❗️

主観:6点

総合得点:78点

庶民のマリアージュ

  • カリフォルニアロール
  • オニオンサーモン
  • 揚げ餃子
  • スシロー

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com