オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ポルトガル

DOPダン。初めて飲みます!

メイアエンコスタ ダン ホワイト 2019

Meia Encosta Dao White 2019

参考小売価格:1100円

産地:ポルトガル・DOP:ダン

品種: マルヴァジア・フィナ、エンクルザード、ビカル、フェルナン・ピレス

購入元:かめや

インポーター:木下インターナショナル

当研究所ではポルトガルこそ低価格帯ワインで一番推したい生産国なのですが、白ワインに関してはサンプルが少ないので、購入してみました。実勢価格は千円を切るので、先入観を加味すると気分が高揚しないのですが、平日昼間に飲む背徳感をスパイスに楽しんでみました。

香りはフルーツ要素主体で白花系もチラホラ。フレッシュ&フルーティータイプなので、昼間飲むぶんには美味しくいただけるのですが、一気飲みできるほど飲みやすいので、注意が必要。

ブレンドされている品種が独特なので、単一品種のワインみたいに「〇〇と比べてどうか」的な比較が良い意味でできないので、満足度は高め。

ポルトガルワインって、いろんな品種がブレンドされている分、造りてが飲みやすくしてくれてそうな意図が垣間見れますね。

本日の組み合わせ

夕方にミックスナッツと

このワインならジャンクなポテトチップスとかベビースターラーメンとかがベストマッチしそう。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。