オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ローヌ地方

初体験、本場ローヌの箱ワイン

レ・グランド・ヴィーニュ コート・デュ・ローヌ・ルージュ エステザルグ 2020

Les Vignerons d’Estezargues

参考小売価格:4000円ぐらい

産地:フランス・ローヌ

品種: サンソー主体、グルナッシュ

購入元:三本酒店

インポーター:野村ユニソン

どうです?

雰囲気出てるでしょ。

正真正銘のローヌワインが箱で売られてるってすごいでしょ。

当研究が推奨してる箱ワイン価格にも近いですし、まさに庶民のワイン好きが狙うべきタイプです。

実は安ローヌって苦手なので瓶では好んで買いません。

しかし、箱ワインエバンジェリストとしての義務感が、チャレンジ精神を奮い立たせました。

初日は焼肉と合わせましたが、マリアージュ成立。

しかし、食事前の味見段階では「今まで苦手に思ってた安ローヌど度直球」だったので、いい意味でも悪い意味でも苦笑い。

スパイス要素が強く、塩辛さとどきつい酸味が口の中を支配します。

南ローヌ好きにはたまらないんかなと首を傾げながら飲んでましたが、二日目に開花。

箱ワインでも開栓後に味が落ち着く現象ってあるみたいですよ。

箱ワイン界隈の常套句、フルボトル換算で千円の本格ローヌワインなので、あり得ない安さですね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com