オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストラリア

ヴィオニエ5%がもたらす魔法

ローガン・ワインズ・ウィマーラ シラーズ ヴィオニエ 2018

Weemala Shiraz Viognier 2018

参考小売価格:1700円

産地:オーストラリア・ニュー・サウス・ウェールズ

品種: シラーズ 95%/ヴィオニエ 5%

購入元:かめや

インポーター:モトックス

シラーズ(オーストラリアのシラー)はイマイチ好きになれないので、昨年末から高価格帯(定価3千円以上)を集中して飲んでみたのですが、3千円出すならシャンパン買っとけば良かったと愚痴ってしまいました。

そうは言ったものの、そこで諦めてしまうと「研究所」の冠を外さなくてはいけません。

今回は、シラーズに白ぶどうの(ヴィオニエ)がブレンドされた、フランスのローヌ地方の高級ワインを彷彿させる、黄金比率。

たかが5%、されど5%のヴィオニエがどう変化をもたらすのか、ワクワクしながら飲んでみました。

結論から言うと、旨い。

イガイガさや、尖った辛味、渋味をキレイにまとめ上げ、円みがある親しみやすい味わいで好印象。

飲んだ瞬間「あっ安ワイン」って分かる、「単調さ」「ジュース感」「工業感」はあるものの、値段を考えれば妥当。

このまま年末までライバルが出現しなければ「庶民の十二使徒」に選ばれる可能性も秘めてますよ!

庶民のワインランク(詳細

S 納得できなかったら返金しても良いぐらいオススメ

A 好みの問題はあるけど、イチオシ。

B 定価以上の満足度

C 購入価格的には満足

D 定価がもう少し安ければ納得

E 購入価格がもっと安ければ納得

F もはや値段の問題ではない

今回のワインは:Sランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 普段日の締めワイン
  • なんか濃いやつ飲みたい時

当研究所がテイスティングに使用している、神グラス↓旨さ爆上がりです。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com