オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ブルゴーニュ地方

本格自然派ヌーボー、好き嫌い分かれそう

レミ・デュフェイトル ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2022

Remi Dufaitre Beaujolais Village Nouveau 2022

参考小売価格:3000円ぐらい

産地:ブルゴーニュ・ボジョレー

品種: ガメイ

購入元:三本酒店

インポーター:株式会社サンフォニー

地元の酒屋さんから船便ヌーボーの案内が来たので付き合いがてら購入。

2022年は価格が高騰と言われておりましたが、船便を利用することで実質2021年よりお安く手に入れています。時期は1ヶ月ずれても中身は同じですからね。イベントフィルターがない分、純粋に味だけで良し悪しを判断できます。

インポーターは株式会社サンフォニーさん。自然派ワインを取り扱ってる輸入業者さんで、このワインも例外なく自然派ワインとカテゴリーされています。

ポイントは酸化防止剤完全無添加。刺さる人にはグッと来るフレーズでしょうが、筆者と致しましてはこのワインのイメージが先行してネガティブに感じてしまいます。

ともあれ、本格派の自然派ワイン。細かいことは気にせず飲んでみました。

香りはキャンディー中心でボジョレーヌーボーらしい一面がありますが、飲んでみると乳酸の要素が強めに感じます。エグみというべきでしょうか、ほんのり甘い中に引っかかる要素があります。

インポーターのキャッチフレーズは「やんちゃな見た目からは想像ができないような、繊細で美しくて、果実味豊かなボジョレーワイン。」とあり、そう言われるとそんな感じもしてきます。

なかなかグラスが進まなかったので3日に分けて飲んでみましたが、1日グラス一杯ぐらいなら楽しく飲めるタイプ。食事と合わせるには相性が限られますし、食後に飲むにはあっさりしすぎていますし、飲む場面は限られます。夕方ぐらいに映画見ながらゆっくり飲むとかそういった場面で活躍しそうです。

箱タイプも出してるみたいなので、来年は箱でチャレンジしてみます。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『レミ・デュフェイトル2022 プリムール750ML』
価格:3150円(税込、送料別) (2023/1/31時点)

楽天で購入

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com