オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

元貴族が造る庶民のワイン

プティ・モンド ルージュ 2020

Petit Monde ROUGE 2020

参考小売価格:1540円

産地:フランス・ラングドック

品種: メルロー、シラー、カリニャン、グルナッシュ

購入元:イマデヤオンライン

インポーター:株式会社いまでや

イマデヤさんが惚れ込んだ直輸入ワインセットからの1本。

セット物の南仏ワインは「隠れた逸材」か「売れないから入れました」の2極化が激しいのですが、「惚れ込んだ」のであれば間違いないでしょう。

6本1万円のセットなので、税抜1400円のこのワインは相当味に説得力がないと「今までの良いイメージ」が崩れかねません。誇大コピーなのか、ガチで惚れ込んだワインなのか忖度抜きでジャッジしてみます。

色調濃いめ、香りも華やか系。飲んでみるとスッキリしていて南仏感がありません。良い具合にチューニング(ブレンド)されています。通ぶって言うと「メルロ、いい仕事してるわ〜」ってところでしょうか。

映画見ながら飲んでいてハーフターンで飲み終えてしまってました。

値段感は妥当なラインなのですが、スイスイ飲める系なのに立ち位置としてワインの体裁を保っている所は凄いです。

1620年からワインを造り続けている南フランス・ラングドック地方の元貴族のワイナリー。10代に渡りワイン造りを継承している伝統ある生産者です。現オーナーであるニコラ&ミラン・ド・ロルジュリル夫妻は、環境に配慮した保全農法に徹し、ブドウの収穫は全て手摘みというこだわりをもっています。1997年よりあの5大シャトーの一つである元シャトー・ムートン・ロートシルトの醸造家を務めたベルトラン・ソーベ氏を醸造家に向かえ品質の向上に成功。2007年からは同じくシャトー・ムートンの元醸造長であるパトリック・レオン氏が加わり、その品質を確固たるものとしました。
キメ細かいタンニンとプラムのような香り、落ち着きのある果実味と口当たりも柔らかいので飲み疲れず、ステーキなどのお肉料理から濃いめの煮込み料理まで幅広く合わせられます。

https://www.imaday.jp/c/wine/6900

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com