オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イロモノワイン

期待値とのギャップが消費者を苦しめる

ワンワイン ピノ・ノワール

ONE WINE Pinot Noir

参考小売価格:550円税込み

産地:南フランス

品種: ピノ・ノワール

購入元:アマゾン

インポーター:サントリーワインインターナショナル株式会社

ブラックフライデーセールをきっかけに、以前から気になっていたONE WINEにトライ。

白は良い感じでしたが、メルロが「??」となったので、ピノ・ノワールに関しても飲む前からテンションが上がりませんでした。一種のノルマ的な感じになっていたのですが、グラス2杯で飲みきれるのは缶ワインの魅力でもあります。箱ワインで外した時はダメージ大きいですからね。

しかし、ワインでがっかりする場合の大きな要因として「期待値とのギャップ」があるわけで、箱ワインはある意味「最初から期待していない」から残念に思うことがなかったりします(逆に高いワイン程、落胆する事が多い)。

ONE WINEシリーズも、前評判の良さから「ソーヴィニヨン・ブラン」「シャルドネ」と好感触が続いたので、勝手に期待して「メルロ」で落胆しただけであって、気持ちをニュートラルに戻すと楽しめるわけです。

なんせピノ・ノワールなんか味わいの振り幅が一番大きい品種であるわけですから、「どうせ最悪」と身構えていれば落胆することはないでしょう。

事実、今回のワインもメルロを飲んだ直後、気持ちを切り替えて挑んだので「まぁこんなもんでしょう」と購入価格以上の楽しさを得ることができました。

「軽やかでチャーミングな赤」

ラベルに書かれている通り、軽やかでチャーミング。

ブラインドで飲んでピノ・ノワールとは答えれない味わいですが、知ってて飲むとかろうじてピノ・ノワールを感じることができます。

ポカリスエットはポカリスエットとして飲みますし、コーラはコーラでしかない。

そう考えると「缶ワイン」も「缶ワイン」として楽しむことで冷蔵庫に常備したくなってきますね。

本日の組み合わせ

食後の追い込みワインで

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク


ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com