オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ボルドー地方

アマゾン限定ブランドに注力せよ。

クレマン・ド・ ボルドー・ラプソディー・ロゼ 

‎Curator’s Choice

参考小売価格:1447円

産地:フランス・ボルドー

品種: 不明

購入元:アマゾン

インポーター:ワインキュレーション株式会社

アマゾン限定ブランドのクレマン・ド・ボルドー。

輸入元はワインキュレーションさん。三菱グループのページによると、メルシャンを親会社に持っているインポーターなので、アマゾン直輸入とは違うようです。

インポーターの規模が大きいほど量的アドバンテージが効くので割安なのですが、好き嫌いは別れますよね。

当研究所は「庶民向け」なので、味が対して変わらないのであれば、「安価で買いやすい」方を選んでしまいます。

クレマン・ド・ボルドーは安くても2千円前後が相場の中、このワインは定価1500円切り、定期便利用で1200円。チリの安ワインに引けを取らない安さなので「本当に大丈夫か?」なんて心配してしまいます。

品種情報がなかったり懸念材料はありますが、炭酸あればOKぐらいの期待値で飲んでみました。

まずガス圧は高いです。強炭酸です。感覚的には5気圧ぐらいありそうです。

飲んでみると辛口のストロベリーサイダー。鼻抜けの余韻でイースト香を感じるので、シャンパンっぽい方向性です。

炭酸が抜ける状態までゆっくり時間をかけて飲みましたが、泡がなくなっても普通のロゼとして楽しめます。

キレキレ辛口なのに、果実要素はチャーミング。

優良チリの安ワイン銘柄と変わらない美味しさなので、それならボルドーワインで気分上げたいよね!ってところでしょうか。

アマゾン限定ブランド、あなどれないですよ!

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com