オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

結果的には大満足でフィニッシュ。

印路シナノリースリング

参考小売価格:1870円

産地:日本・神戸

品種: 信濃リースリング

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

製造元:神戸みのりの公社

第六回ハッシュタグ ニューワイン会の日本ワイン3本セットの3本目。

1本目はまさかのブショネ、2本目は個性を感じるリースリングと面白み満載のニューワイン会。

最後は「神戸印路」って書かれている「シナノリースリング」。

名前からしてインパクトの強いワインですが、味わいの方もなかなか個性的。

冷え気味で飲み始めた第一印象は甘ったるいジュースにしか感じませんでしたが、食事と合わせながら飲むと表情が変わり始めます。

後々気づく隠れていた酸味が、甘み主体のワインながらにもだらし無さを回避。

ノーマルのリースリングと飲み比べて減るペースは遅かったのですが、最後まで飲み飽きることなくフィニッシュ。

「神戸ワイン」「ニューワイン会」って忖度したくなる要素が加味された可能性も否めませんが、同じワインをみんなで飲んでると、実際に美味しく感じるのも事実。

飲むときの雰囲気や場面って大事ですからね!

今回の組み合わせ

シナノリースリングの甘さと調和しそうな料理を選択。

厚揚げ味噌のせに、ままかり甘酢。

ままかりの臭みが多少でてきてしまいましたが、概ね調和。やり直すなら酢豚あたりをチョイスしたい。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com