オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
アメリカ

キャッチーなヴィオニエ探してました。

ナーリー・ヘッド ヴィオニエ 2018 デリカート・ファミリーヴィンヤーズ

Gnarly Head Viognier 2018

参考小売価格:1900円

産地:アメリカ・カリフォルニア

品種: ヴィオニエ

購入元:かめや

インポーター:モトックス

定期的にメンテナンスしておかないと(飲んでおかないと)どんな味だったか忘れそうになるヴィオニエですが、銘醸地ローヌだと値が張り敬遠しがち。

そんな中、先月は安ワイン界隈の至高、南フランスの「ポールマス」のヴィオニエでメンテナンスしましたが、一ヶ月経過すると「どんな味だったっけ?」となってしまいます。

そんな中、モトックスさんのウェブページでアメリカワインを検索すると、「デリカート・ファミリー・ヴィンヤーズ」ってワイナリーが比較的手の届く価格帯でシリーズ化されていたため、買える範囲で揃えた次第です。

まずは外観。落ち着いた黄色で、特にこれと言って特徴はなし。しかし、香りはさすがアメリカといいますか、グラスを回せば回すほど華やかな白花の香りが力強く湧き出てきます。

千円台定価のワインにしては凝縮度も高く、後味に残る苦味が単調さを回避。

大絶賛したポールマスのヴィオニエと比べて甲乙つけがたいクオリティとなっておりました。

私のように「ヴィオニエってどんな味だったっけ」ってなってる人は安価にその欲求を満たしてくれることができるワインですよ。

本日の組み合わせ

自炊。ブロッコリーのスクランブルエッグのせと、じゃがいものバターチーズ焼き

組み合わせ的には申し分なかったのですが、マヨネーズやバターに逃げてる感あり。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。