オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

ニューワイン会ver6 は悲劇のスタート

大沢シャルドネ

参考小売価格:2200円

産地:日本・神戸

品種: シャルドネ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

製造元:神戸みのりの公社

本日オリンピックが閉幕しますが、ツイッターワイン界隈では、開催時期と並行して「#ニューワイン会」なんて催しが行われておりました。

ニューワイン会のあれこれについては今更説明するまでもないですが、もし初めて知ったって方は「ポッドキャスト」や「過去の投稿」で振り返ってもらいたいところ。

第六回目となる今回は、オリンピックにちなんで日本ワインが選ばれており、発起人であるワイン勉強中さんと、販売店さんの企画力にしてやられた感があります。

3本セット6千円切りと、日本ワインにしては求めやすい価格なのもグッド。

あえて他の人の感想を遮断しつつ、まっさらな気持ちで挑んでみました。

結論を言うと「ブショネ(劣化ワイン」

カッスカスの安物コルクだったので、致し方ないでしょうが、飲めるレベルではないブショネは久々で逆に笑えてきました。

同セットのシナノリースリングはスクリューキャップだったので、統一してくれればなぁ〜なんて思っちゃいます。

本日の組み合わせ

3種類一気に飲み比べ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Fランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。