フランス/シャンパーニュ地方

クリスマスイブにシャンパンを選択

マリーエレン シャンパーニュ ブリュット

Marie Champagne Brut

参考小売価格:3500円ぐらい

産地:フランス・シャンパーニュ

品種: ピノ・ノワール52%、ピノ・ムニエ40%、シャルドネ8% 

購入元:うきうきワイン(楽天)

インポーター:アクサス株式会社

キリストの血はワイン。

そう考えると、本来クリスマスに飲むべきは「赤ワイン」なのかもしれません。

しかし、子どもがシャンメリーを飲みたがるように、大人だってシャンパンが飲みたいのです。

その時のために用意していたのが、ブラックフライデーのシャンパン福袋

4本で1万円だったので、1本あたり2500円。

安シャンと言ってしまえばそれまでですが、シャンパンがもたらせてくれる高揚感は代替えが効かないのであります。

特売の恩恵を受けつつ、最近は月2本ペースで飲んでいますが、いつ飲んでも活力をもらえます。貴族の気分になれるといいますか、たかが飲み物で優雅な気持ちをもらえるって凄いですよね。ある意味ワイン脳に洗脳させた事で、人生の楽しみ方が増えました。

何も知らずに飲んでも「これで3千円はないわぁ〜」になりかねませんからね。

高級シャンパーニュ愛好家大注目!だとか、

造り手はアシェット・ガイド誌掲載で大注目!だとか、

エペルネの近く、ミュティニー村に本拠地を置く1996年設立!だとか、

伝統的シャンパーニュの製法を受け継いでいる家族経営のシャンパーニュメゾンって文言を読んで感じて初めて値段通りの楽しみ方ができる総合エンターテイメント。

そうなれば3千円でも「安い!」と感じれるのであります。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
ソムリエ・ワインエキスパートのおすすめ教材