スペイン

定価千円以下。庶民のワインはスペインが最強かも

ロベティア テンプラニーリョ 2019

Lobetia Tempranillo 2019

参考小売価格:900円

産地:スペイン・カスティーリャ・ラ・マンチャ

品種: テンプラニーリョ

購入元:かめや

インポーター:モトックス

Lobetia Tempranillo 2019

安ワイン=チリなんてイメージが世間的にはあるようですが、当研究所が庶民のワインとして好きなのは「イタリア」と「スペイン」産であったりします。

しかし、ことイタリアに関しては、千円以下だと地雷率100%といっても過言ではなく、冒険を避けるなら最低1500円は必要とします。

その点、スペインは千円以下でも満足できるものも多く、他国に真似できない独自性の味が売りだったりします。

今回のワインも希望小売価格で千円以下とワインとしては激安の部類ですが、飲んでいて嫌な感じは一切ありませんでした。

ダークチェリーの要素を主体としながら、微量に抑えられたバニラ香は、毒っ毛を感じさせません。

やや尖った酸味が特徴的ですが、時間経過とともに角が取れてくるので、ゆっくり食事をしながら楽しめば無問題。

モトックスさんの商品紹介ではライトボディーとありますが、当研究所基準ではミディアムからフルボディー寄りの味わいでしたよ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):50点

生産地:2点

アロマ :4点

バランス :4点

余韻 :4点

複雑性:4点

買いやすさ:3点

主観:6点

総合得点:77点

庶民のマリアージュ

新コーナーです。

ウェブや書籍で著者や販売元が提案する、ワインと料理の組み合わせは概ねって手の込んだ料理や、名前が横文字の気取ったメニューばかり。実際に再現できるのは富裕層の料理上手な専業主婦か、ガチで料理が趣味の人ぐらいではないでしょうか。

そんな悩みを解決すべく、当研究所では、毎日投稿したワインで身近なマリアージュを成立させます。実際に試しているわけではないですが、ワインの味わいからしっかりイメージを捉えますので、大きく外すことは絶対にありません。すなわち、「個人の主観です!」なんていいわけはしまませんよ。

では、さっそくこのワインに合う食べ物を提案させていただきます。

  • ダブルチーズバーガー
  • スパゲティーミートソース
  • サーモンのソテー
  • ラタトゥイユ
  • 関西風お好み焼き
  • ドンタコス

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント