イタリア/北部

ワインにこういった事は付き物。諦めるべし。

プロセッコ “ラ・コルテ・デル・ポッツォ”ファゾーリ・ジーノ 2018

Prosecco “La Corte del Pozzo” 2018

参考小売価格:2000円

産地:イタリア・ヴェネト州

品種: グレーラ

購入元:鬼田酒店

インポーター:株式会社ラシーヌ

地元酒屋さんでラシーヌの特売をやっていたのですが、リスト上すべて2千円以下だったので、いちいち内容確認するのも面倒に感じ、全部注文。

到着後すぐに受け取りに行きましたが、瓶がホコリまみれだったこともあり、嫌な予感が一瞬よぎりました。しかし、流通経路に神経を尖らせているインポーターさんなので(※二次情報※)、たまたまだろうとその時は気に留めておりませんでした。

しかし、飲んでみると炭酸皆無。

初めは、シャンパングラスを使用せず、普通の口広ワイングラスを利用しているのが原因と思っておりましたが、グラスを買えても全く同じ。

そして、冷静に振り返れば去年全く同じワインを飲んでたんですよね。

もう、画像を見比べてもらっても一目瞭然。

これは完全に劣化ワイン。

飲み始め1時間足らずで飲みきってしまったので、文句言えた義理ではないですが、振り返るといい気持ちにはなれないですわね。。

まぁ、理由がないと特定銘柄で割引はしないちゅうことでしょう(しらんけど)。

庶民のワインポイント :劣化ワイン

庶民のマリアージュ:不明

※二次情報※の情報源↓

ABOUT ME
井原大賀
井原大賀
〜ワインをより多くの人に〜GrapeJapan合同会社代表| ソムリエ協会認定講師|ワイン評論と音声メディア運営| 人と時間に縛られない田舎暮らし

画像タイトルや代替えテキスト