オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
・テイスティング日記

泡があれば食事に合わせやすいは危険

ハギースパーク 重畳 デラウェア 大和葡萄酒 ハギーワイン 

Huggy Spark Choujou Delaware Huggy Wine

参考小売価格:1628円税込み

産地:日本・山梨

品種: デラウェア

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

製造元:大和葡萄酒株式会社

今月の1日に購入した日本ワインのお買得セットから最後の1本。

毎月1日の食フェスクーポン発動で5本6980円と驚異的な価格でゲットしておりますが、過去に飲んだ4本はどれも購入価格以上の満足感を得ることができており、ぜひ皆様にもおすすめしたいセット

デラウェアは掴みどころが難しい甘さで曲者感がありますが、泡が入ってるから飲めないことはないだろうと予測し、日本食を食べるタイミングで開けてみました。

この日のメインディッシュはほっけの塩焼き。半額シールはられていたので購入しましたが、どうもワインとは合いそうにない代物。持ち合わせてるストックで合わせそうなワインがなかったので、日本ワインって理由だけで渋々選択しましたが、嫌な予感はしておりました。

まずワインがやっぱり甘め。

自分の飲酒量が平均値と比べて多いので、味覚が麻痺しているって前提で物言いますが、甘口の表記通りにジャンル的にはジュースのようなテイスト。

すなわち、焼き魚と合わせるとなると完全なるミスマッチ。

流石に悪い組み合わせで1本飲みきって「Fランク」つけるのも気が引けたので、グラス2杯にとどめ翌日再チェック。

午前中なら雰囲気で美味しく感じる可能性もあるので、夕方の食前に集中して飲み直しましたが普通に美味しいと感じれるレベル。以前甲州スパークリングを紹介した時に説明したスクリューキャップでの保存でしたが、ガス圧が弱まることなく好印象。

魚と合わせた時に感じた嫌な甘さは、食前に飲むと心地よい甘さに感じ、寧ろ奥の方に隠れていた苦味の要素までキャッチすることができます。

ワインは飲む組み合わせとタイミングで180度印象が変わるので、ある意味怖いですね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。