スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
オーストラリア

過去イチのネッビオーロに出会う。

デントン ネッビオーロ 2017 

Denton Nebbiolo

参考小売価格:4800円

産地:オーストラリア・ヤラ・ヴァレー

品種: ネッビオーロ

購入元:葡萄畑ココス

インポーター:株式会社モトックス

半年ほど前に葡萄畑ココスさんのおまかせセットから購入していた1本。詳しくはこちら

値段の高低差をつけるリクエストの中で、一番高価だったのがこのワイン。もったいなくて開けれず仕舞いでしたが、箱ワインのネッビオーロが好感触だったので、比較する目的で開けてみました。

2017と比較的若いですが、色味はオレンジっぽく熟成ワインの雰囲気がでてます。

香りは弱めですが、余韻に残る風味を愉しむタイプ。

ネッビオーロって「ネッビオーロを理解できるオレカッコいい」みたいに背伸びしてしまいがちなのですが、このワインは親しみやすい透明感と円みが特徴的。

誰が飲んでも美味しいって認めてもらえる反面、スイスイっと飲めてしまう所がデメリットだったりします。

本家ピエモンテ州の同価格ネッビオーロだと、グラスぐるぐる回しながらゆっくり飲むので、良い意味でもニューワールドワインっぽさと言えるでしょうか。

問題の箱ワインと比較した感想は、「夕食と合わせるイタリア箱ネッビオーロ。」「昼間のおやつ代わりにオーストラリアの瓶ネッビオーロ」と同列で語ることができない別ジャンルでした。

コノスル飲んで美味しいって思える私には刺さるワインでしたよ。

本日の組み合わせ

集中してテイスティング。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。