オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/中部

地雷ワインの代名詞「激安キャンティ」格上のクラッシコならどうなんだ(千円以下)?

アルビーノ・キャンティ・クラッシコ/ Albinoni CHIANTI CLASSICO

参考価格:1382円

購入価格:980円(会員割引)

産地:イタリア/トスカーナ州/キャンティクラッシコ

品種:リカーゾリ男爵の公式

購入元:リカーマウンテン(店頭)

インポーター:日欧商事株式会社

キャンティ大好きな当研究所の結論から申し上げますと、

飲めるっちゃ飲めるけど(捨てるほどではない)が、「格式の高さ」や「クラッシコさ」は全く感じない期待はずれな1本。(好きだからこその厳しめの評価)

念の為、三日間にかけてテイスティングしましたが、味わいの変化も少なく、期待値が高かった分がっかりな印象です。

キャンティの醍醐味を、ソムリエ風に言うと、

「ヴィロード のような滑らかさ、円みのあるバランス」

当研究所風に例えると、

「上品なジャンクワイン」

このワインはまさに「ジャンク」さが欠陥している。

想像していたイメージでは、

キャンティが「ダブルチーズバーガー」なら、キャンティ・クラッシコは「グランベーコーンチーズバーガー(マクドナルド)」

しかし、今回のワインは、「ベーコンレタスバーガー

ベーコーンレタスバーガーファンには申し訳ないですが、ベーコーンレタスバーガーって、バンズとパティーの一体感が欠損している感じがするんですよね。なんか、レタスとパンとハンバーグを別々に食べているみたいな。。。。。

ワインの話から脱線してしまいましたが、

中学生が粋がって、高級な香水をつけている時に抱く違和感と同じように、このワインも「キャンティ/クラッシコ」と思わなければ、十分に優秀な千円以下ワインです。

まぁ、名前で買わされた感に、悔しさが残りますが、今後の反省にいかします。

教訓(研究結果)

千円以下のキャンティクラッシコは『IGT』(格下ワイン)と思って飲め!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。