イタリア/南部

フィアーノはイタリアが誇る最高の白ブドウ

フィアーノ テッレ シチリアーネ 2019 コルパッソ

COLPASSO Fiano Terre Siciliane

参考小売価格:1298円税込み

産地:イタリア・シチリア州

品種: フィアーノ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社中島薫商店

フィアーノってどんな品種だったけ?飲んだことあったっけ? と思いブログ内検索すると、約1ヶ月前に飲んでいるではないですか。しかも記事タイトルに「フィアーノ」なんていれてるし、最近物忘れがひどいのであります。

この機会に日欧商事さんのぶどう品種辞典を読んでしっかりお勉強。

カンパーニア州がメインで、主に南イタリアに生息。

フィアーノはイタリアが誇る最高の白ブドウのひとつです。とされているのですが、イタリアの白ワインと言えば?と自問してるみると一つに絞れないぐらいイタリア品種って多種多様ですよね。

ともあれ、今日で完全に「フィアーノ」のウンチクは頭に入りました。

あとは味の特徴をどこまで記憶できるか。

飲み始めは冷蔵庫温度からスタート。香りはレモンを中心とした柑橘爆弾。酸っぱくて酸味が効いているのですが、果実味豊かで濃厚な味わい。

温度が温まってくると温暖地域らしい厚みがでてくるので、飲む温度帯によって表情が変わってきます。

無理やり例えるなら、冷えてる時はボルドーの白、温まってくるとブルゴーニュの白って感じですかね。同じシリーズのグリッロとはまた違った万能型白ワインでしたよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
ソムリエ・ワインエキスパートのおすすめ教材