オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ブルゴーニュ地方

シャブリとはなんなんだろう。。(汗)

シャブリ グランクリュ ヴァルミュール 2018 ドメーヌ ヴォコレ

Chablis Grand Cru Valmur Domaine Vocoret & Fils

参考小売価格:11000円税込

産地:フランス・ブルゴーニュ・シャブリ・ヴァルミュール

品種: シャルドネ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

先月頭に格安シャブリセットたるものを購入しておりまして、テイスティング日記でも何本か取り上げているのですが、「本物(特級)飲まずしてシャブリを語って良いものか」と、6月の福袋でゲットしていた今回の貴族ワインを開けてみた次第です。

なるべく集中して飲みたかったので、夕食前の空腹状態にテイスティング。

開栓直後は「うわぁ〜、難しい味してるな〜」なんて苦笑いから飲み始めましたが、凝縮度は通常シャブリと比べ物にならない濃厚で分厚いボディ。

今まで抱いていたシャブリの印象が覆ってしまうほど、樽の要素がボーヌ系シャルドネに感じてままなりません。

時間が経てば立つほど香りや味わいに膨らみがでてきて、苦笑いしてたのが嘘のようにニヤニヤしながらフィニッシュ。

定価調べて驚愕の1万円ワインなので、これぐらい感じさせてくれて当然といえば当然なんでしょうけど、購入価格考えると、NAOTAKA崇拝ポイントが高まってしまうマジック。

ただ、一般的な認識で「シャブリは生牡蠣に合うよね!」なんてお花畑でペアリングを選択すると幻滅してしまう危険が高いですよ。

本日の組み合わせ

ミックスナッツかじりながらマインドフルネステイスティング

くるみとマリアージュ成立。逃げ腰でナッツと合わせましたが、バター系料理と合わせるのがよいかと。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com