オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

単一初体験品種のベルデホ

ルエダ パラシオ デ ボルノス ベルデホ 2020 

Palacio de Bornos 2020

参考小売価格:

産地:スペイン・ルエダ

品種: ベルデホ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

文句なしのSランクワイン「インドミタ デュエット プレミアム シャルドネ」を目当てに購入したセットにはいっていた1本。

自分の中ではおまけ程度にしか考えておりませんでしたが、調べてびっくりの初体験ワイン。

原産地呼称「DOルエダ」はかろうじて1本買ったことが有るものの、ベルデホ単一品種は過去に前例がないワイン。

品種特性を覚えるがごとく、集中して飲んでみました。

スタートの温度は9度。甘めのみかん、熟してないマンゴ的な香りから入り、口当たりはやさしめ。

どちらかと言えばフルーツ爆弾系の雰囲気から入りましたが、飲みすすめると「あっ,酸一応あるね」って独り言。

温度が上がっていくに連れバナナみたいな要素もチラホラで、変化を味わえるって意味でも単調さは回避。

ワイン初めて飲む人とか、アルコール弱い層に好まれるタイプですよ。

本日の組み合わせ

ツナマヨブロッコリーサラダにゆで卵を添えて。

ワインの味が未知数だったので身構えましたが、マヨネーズの風味とベルデホの甘辛い要素が完全調和。ゆで卵とも違和感なく合わせれましたよ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com