フランス/シャンパーニュ地方

2日続けてシャンパン飲んでみた

バロン フェンテ シャンパーニュ ラ レヴェレーション ブリュット 

Baron Fuente Champagne La Revelation Brut

参考小売価格:6000〜7000円

産地:フランス・シャンパーニュ

品種: ピノ・ムニエ70%、シャルドネ30% 

購入元:うきうきワイン(楽天)

インポーター:株式会社ドウシシャ

クリスマスということもあり、イブに続いてシャンパン飲んでみました。

毎日焼き肉でも飽きますし、毎日にシャンパンはどういった心境を生むのかテストしてみます。

が、実はと言うと、この日はコノスルスパークリングを待機させていました。

「クリスマスだからイッちゃえ!」と我慢できなかったんですね。

なまじセラーにシャンパンストックがあると無駄に開けたくなります。

そうです。シャンパンに飽きるって概念はありません。

お昼にお寿司食べても、よるお刺身食べれるような感覚ですかね。

連日シャンパンでも、年間消費30リットル程度なら毎回ハイテンションを維持できます。

コーラやサイダーがガス抜けした場合はただの炭酸水ですが、シャンパンは炭酸が抜けてからが本番。味わいの変化を楽しめるのがシャンパンの面白さであります。

今回も最初の2杯ぐらいは「これが6000円とかワロワロ」スタートでしたが、終盤はグラスくるくる回しながら「うんまぁ」となってました。

値段は味と比例するなんていいますが、心理的には大きく関わってくることは事実。

昨日飲んだ安シャンと比べるとワンランク上の美味しさを体験できました。

本日の組み合わせ

最初は料理しながらキッチンで飲んでましたが、3時間掛けてゆっくり楽しみましたよ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
ソムリエ・ワインエキスパートのおすすめ教材