オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/北部

ワイン脳になると無性に飲むたくなるやつ

バルバレスコ テッレ ディ カルリン ビオ マッシモ リベッティ 2020

Barbaresco Terre di Carlin

参考小売価格:6050円

産地:イタリア・ピエモンテ州

品種: ネッビオーロ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

高級ワインを手の届く範囲で購入することができる鬼コスパワインセットシリーズ。

バルバレスコなんて定価では絶対に買えない反面、無性に飲みたくなる時があります。

握り寿司が無性に食べたいときは回転寿司やスーパーのパック寿司でその欲を抑えることができますが、バローロやバルバレスコに関してはジェネリック的なワインが存在しません。

シャルドネやピノ・ノワールなんかはチリワインでカバーできますからね。そういった意味でイタリアワインは代替えが聞かないタイプが多く存在します。

さて、このワイン。定価6千円と身の毛がよだつ金額ですが、買値は1500円。

ありがたや、ありがたや。

とは言え、飲むときは自然と「6千円支払って買ったかのごとく」6千円ワインに求めるハードルを構えてしまいます。

失礼な話ですよね。

過去には安く買わせてもらっておいて、「定価じゃな〜」なんて散々言ってきましたが、「バルバレスコを1500円で飲ませてもらえてるんだぞ」という感謝を忘れてはいけないのです。

今日もまた、あらたなバルバレスコの味わいを覚えさせてもらいました。

第一印象から「すんげぇうめぇ〜」とはならない上級者ワインなので、うなぎなんかと合わせてみて、気品のある味わいを感じてもらいたいです。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク (24年3月より基準改定

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com