ニュージーランド

映画サイドウェイズを鑑賞すると、飲みたくなるピノ。

クラブ・ファーム・ワイナリーピノ・ノワールCrab Farm Winery Pinot Noir

参考価格:5400円

産地:ニュージーランド/ホークス・ベイ

品種:ピノ・ノワール

購入元:シュナベ

ワイン映画の代名詞「サイドウェイズ」。

そんな映画の主人公は、極度のピノ・ノワール信仰者。

笑いと感動で包まれた物語の余韻を壊したくない、絶対に外せないワイン選び。

寝かせてあった貴族のワインの封印を解きました。

購入元は「シュナベ』さん。オーナーが直接買い付けたワインのみを取り扱う、NZワインの専門店です。

値段の高さが庶民の財布に優しくないですが、ここでしか買えない、レアなワインを揃えており、下手なフランス産よりよっぽど費用対効果は期待できます。

ニュージーランドのピノ・ノワールはブルゴーニュよりは親しみやすい印象でしたが、このワインはブルゴーニュの格式のある畑の「それ」を思わせるようなエレガントさを持ち合わせております。

イメージとしては、高飛車な女性。

しかし、飲むタイミングによっては、デレ~としてくるツンデレでチャーミングな顔をチラつかせておりました。

実はこのワイン、去年もビンテージ違いで飲んでおり、最低な評価をノートにつけておりました。しかし、これは私のワイン経験値が浅く、テロワールを理解できていなかったことが原因で、舌と知識が深まった今なら、このワインの破壊力が恍惚な気分へと誘ってくれます。

いちごやらラズベリーやら、アメリカンオークやら、、、、そんなありきたりの言葉では言い表すことが軽薄に感じる、深きピノの真髄がここにあります。

話は戻りますが、映画「サイドウェイ」。

オリジナルを鑑賞後の日本リメイク「サイドウェイズ」は、ワイン要素が薄れておりましたが、ヒューマンパロディとしての完成度がとても高かったです。

パチモンだと毛嫌いせずに見て欲しい作品。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント