オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

チリ

やや辛口という罠

サンタ バイ サンタ カロリーナ ロゼ 2022

Santa by Santa Carolina Rosé

参考小売価格:600円ぐらい

産地:チリ

品種: 不明

購入元:佐野屋(ローカル酒屋)

インポーター:サントリー株式会社

食中ワインとしてロゼは重宝しなくてはならないのに、ついついストックを切らしがち。

しゃぶしゃぶを食べるタイミングでどうしてもロゼワインを飲みたくなり徒歩圏内の酒屋さんに急遽調達しにいってました。

本来飲みたいのはロゼ・ダンジュやプロヴァンスあたりの辛口ロゼワインでしたが、酒屋さんといえどロゼの選択肢は少ないですね。

候補としては「カッシェロ・デル・ディアブロ」と「シャトーメルシャン ももいろ」がありましたが、このサンタと比べると価格差は約1000円の開きがあります。

しゃぶしゃぶがメインと考えるとその1000円はお肉に投資したほうが幸せな晩酌が決まると思いこのサンタを選んだわけです。

結論、お肉の質と量を下げてもワインは重要。千円高くてもカッシェロ・デル・ディアブロを選んでおけばよかったと後悔したかもしれません。

典型的な「甘くてジュースっぽい」一般的に思い描かれている「ロゼワインってどうせあまいんでしょ」的な味わい。

この甘さ加減が「ちょっと甘口」ってラベルに書かれているなら問題ないのですが、ロゼってやや辛口って書かれているのにこんなに甘いのか。。となっちゃいますからね。

私の場合は「あ〜、やっぱりね、そうくるよね。」で処理できますが、お茶代わりのロゼとしてはまだ水っぽいほうがましかも。

しゃぶしゃぶに合わせるロゼとしては残念なタイプですが、ジュースとして飲む分にはいい感じですよ♫ 安いは正義♫

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク


ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com