テイスティング日記では、通販や量販店で気軽に買えるワインに限定して紹介しております。

庶民のワイン研究所@たいがくん

イスラエル テイスティング日記

シャルドネ大絶賛の「ヤルデン」人気品種カベルネはどうだ?

投稿日:

ヤルデン・カベルネソーヴィニヨン

YARDEN Cabernet Sauvignon

参考価格:5400円

購入価格:3500円

産地:イスラエル

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

購入元:葡萄屋

インポーター:シールなし

同シリーズのシャルドネが最強の味わいだったため、期待感MAXで奮発して購入。

イメージとしてはボルドーの格付け2級クラスを味わうかのごとくテイスティング。

結論から言おう。

ブチギレです。

これが3千円オーバーと思うと、悔しくて悔しくて、、、涙。

3千円以上出すなら確実にボルドーで幸せになれるのに。

しかも希望小売価格5千円オーバーって一体何様って感じです。

はっきり言ってコノスル以下。

カベルネながらにメルロっぽさ満開。

とってつけたようなバニラテイストに紫系の腐ったドライフルーツ。

タンニンが少なく、酸味が強め。しかし謎のシルキーさが纏う訳の分からなさ。

複雑性も感じない「ザ・新世界千円以下カベルネ」なのに、嫌な後味はしつこく残る。

このワインが販売元の一番人気というのだから、驚き以外何者でも無い。

総じて高評価な販売元のレビュー年月をみると、2013年が一番最近だから、ビンテージで言うと2008年あたり。

この2015年ヴィンテージの評価はなかったので、ヴィンテージの差だと信じたい。

そう捉えると、今回の2015年は、私と似た感覚を持ってる人なら「確実に地雷ワイン」

まぁ、味わいに好みがあるのはさておき、

気に入ったワインの同じシャトー、同じ造り手だからといって、安心して高価格ワイン買うのは「絶対にダメ!」だという教訓。

あー気持ちわる、、、、は言い過ぎですが、価格と味わいのギャップに今年一番のがっかりワインでした。

-イスラエル, テイスティング日記
-,

Copyright© 庶民のワイン研究所@たいがくん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.