オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

ハマると危険。深い、広い、ピノ・ノワールの世界。

レ・コティーユ・ピノ・ノワール/LES COTILLES PINOT NOIR

参考価格:1700円

購入価格:6本で11300円(世界のピノ・ノワール飲み比べ6本セット

産地:宇宙/太陽系/地球/ヨーロッパ/フランス

品種:ピノ・ノワール

購入元:エノテカオンライン

インポーター:株式会社エノテカ

庶民のワインを探求するにあたり、一年に同じワインは2度と飲まないと自主規制をしているのですが、セットに入ってたので「つい」飲んでしまいました。

理由?

ハズレワインを飲んだら、舌をピノ・ノワールで消毒したくなるんですよね。。。

セオリーで言えば、軽いめボディーのピノ・ノワールはフルボディ赤の後に飲むのは厳禁。しかし、ピノ・ノワール狂信者としては、楽しみは最後♪

どんなに嫌なニュアンスが含まれたワインでも、ピノ・ノワールなら、

「あっ、こんなピノがあったんだね(ニッコリ)」で片付けられます。

これが、メルロとかだと、

「腐れメルロが、2度と飲むか(怒)」(サイド・ウェイズの影響

となってしまいます。

もし、自分が大金持ちであったなら、ブルゴーニュ銘醸畑のビンテージ飲み比べ、生産者飲み比べばかりしているでしょう。今日は、96年ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ、明日は90年ミッシェル・グロみないな。

「じゃ、安価でもピノばかり飲めばいいじゃん。」

なんて突っ込まれそうですが、

ヒラメのえんがわ(ピノ・ノワール)が好きでも、トロ(カベルネ)が食べたくなることもあるじゃないっすか。

ところで、このワインの感想? 察してください。。。。m(_ _)m

ちなみに、今回購入した「世界のピノ・ノワール飲み比べ6本セット」を全部飲み終わりましたが。総合的に大満足。まだ6/18時点では売ってるみたいなので、気になる方は急いだ方がよいですよ。下記にその他5本のテイスティング日記貼っときますね。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com