オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストラリア

千円台のアッサリ系ピノはこれできまり!

ローガン ウィマーラ ピノノワール 2019

Weemala Pinot Noir 2019

参考小売価格:1700円

産地:オーストラリア・ニューサウスウェールズ

品種: ピノ・ノワール

購入元:かめや

インポーター:モトックス

ワインを食事との組み合わせで考えると、何種類かを少量ずつツマミながら食べたいメニュー構成からか、必然的に白、ロゼ、スパークリングの比率が高くなってしまいます。

そんな中でも、オセアニア地域のピノ・ノワールは、ライトなボディーに酸味がしっかりあるので、赤い色をしていながらも幅広い料理に対応してくれ重宝しております。

コテコテに味付けされたピノ・ノワールも、それはそれでアリなのですが、やはり食事をしながら楽しむとなると話は別。今回はサバの照り焼きやローストビーフを食べる時に起用してみました。

結論からいうと、ローストビーフでミスマッチ発生。

タレの問題なのか、肉の臭みが出てきて余韻に残り、二口目を拒否させるほどのインパクト。サバ照り焼きの方が冒険心があったのですが、意外とこちらはOK。

肝心のワイン単体での評価ですが、ベリーグッド。

カジュアルにピノ・ノワールをネガティブ要素皆無で楽しめるといった意味で秀逸。

感動とは無いですが、飲む前に抱いていたイメージ通りの味わいで、一般庶民の金銭感覚をもっている層なら誰しもが納得するワインですよ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

食中ワイン。午前中かるく一杯飲みたいとき。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com