オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
アメリカ

明るい時間から飲むのにピッタリbyココス

サニー ヴィズ ア チャンス オブ フラワーズ ソーヴィニヨン ブラン 2019

Sunny with a Chance of Flowers Sauvignon Blanc 2019

参考小売価格:1620円

産地:アメリカ・カリフォルニア

品種: ソーヴィニヨン・ブラン

購入元:葡萄畑ココス

インポーター:オルカインターナショナル

葡萄畑ココスさんのおすすめセットに入っていた1本。

箱を開けた瞬間は、「新世界千円台のソーヴィニヨンブランなんて全部似たりよったりの味ってブログで何回も主張してましたやん!」なんて思っちゃいましたが、選んだ理由を添えてくれてて納得。

「昼飲みにピッタリ(あなたよく昼から飲んでるでしょ!)」「低アルコールなんて自分から買わないでしょ!」ってしっかりポイントを抑えてくれてるから嬉しいですよね。

逆張りってある意味勇気のいる行動ですが、「自分で絶対選ばないワイン」って意味では福袋に匹敵する「おすすめセット」の醍醐味ですね。

飲む前から完全に気持ちが入ってしまっているので、美味しいワインって前提で飲み始めたのですが、期待を裏切ること無い「期待値通りの味わい」。

高ワインでよく出会う「紅茶香」なんか味わえますが、あくまで昼飲み専用の千円台ワイン。

冷蔵庫温度から飲み始めましたが、常温戻し1時間経過(室内温度29度)してもダレることなく楽しめたので、そういった意味では量産型ソーヴィニヨンブランとはふた味ぐらい違うかも。

本日の組み合わせ

ツナと豆腐のポン酢サラダで久々のマリアージュ成立。生野菜、ポン酢、豆腐、ツナ、とそれぞれの要素とソーヴィニヨンブランのフルーティーさが旨味を高め合い、唸る味わい。ソーヴィニヨンブランって特徴的だけどあっさり系料理との組み合わせ案外幅広いかも。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ノンアルコールワインをつくる技術を用いて、あえて9%の低アルコールワインをつくってきた。そこにシャイド・ヴィンヤーズの風味へのこだわりが透けて見えます。健康には気を使うが味に妥協したくない方へ!

https://cocos.co.jp/c/area/61004940_b

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。