フランスその他

【南仏】【瓶二】【最強】【格安】【美泡】【殿堂】

 ポール マス プリマ ペルラ クレマン ド リムー ロゼ ブリュット

Paul Mas Prima Perla Cremant de Limoux Rose Brut

参考小売価格:2000円

産地:フランス・ラングドック・リムー

品種: シャルドネ 70%/シュナン 20%/ピノ・ノワール 10%

購入元:かめや

インポーター:モトックス

赤の「ドメーヌ・ポール・マス クロード・ヴァル 2018」や、ロゼの「 ドメーヌ・ポール・マス ル・ロゼ 2019」が好印象だったポールマスが、更に度肝を抜いてきました。

飲む前は、「ピンク色で泡がありゃ不味いわけないじゃん。」と、ある意味保守的な目線で飲み始めましたが、注いだ時点で理解できるシャンパーニュ(小売5~8千円クラス)に似たただならぬ雰囲気。

湧き上がる瓶内二次発酵特有の力強い泡立ち、イースト香がぽわ~んっと漂う官能系アロマ。噛みごたえ抜群の食べ物的飲み物は、泡好きな私を唸らせる説得力をいくつも秘めています。

赤とロゼは比較的庶民に親しみやすいデイリーワインっぽい味わいでしたが、このクレマンドリムーは完全にシャンパーニュと間違えられるであろうお祝いワイン的立ち位置。

あまりべた褒めしすぎると「謎の貴族民(ガチ勢と名乗っているらしい)」が文句を言ってくるので保険かけときますが、熟成感、余韻、複雑性で楽しむワインではないです。しかし、そんな貴族勢達に大手メゾンのエントリーシャンパーニュとグラスを並べてブラインドで飲み比べしてもらいたい実力。

程よい甘さが心地よく、シュナン 20%いい仕事してるなぁ♫なんてって通ぶりながら飲むとさらに高感度が上がります。

今年も残り50日ぐらいになりましたが、令和2年に飲んできた庶民のワインで最も費用対効果を感じる1本(セット購入のお買い得ワインを除く)。

先入観を払拭し、ブラインドで飲む心境で試していただきたい。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):45点

生産地:4点

アロマ :6点

バランス :9点

余韻 :6点

複雑性:7点

買いやすさ:3点

主観:10点

総合得点:90点

庶民のマリアージュ

今回は食べ物ではなく、雰囲気(飲むべきタイミング)の提案です。

  • 持ち寄りワイン会
  • 夕暮れ時(夕焼けを見ながら)
  • 野外(特に花見)
  • 食前(普段泡は締め派ですが、この泡は食後に向かない)

単品価格は高めですが、セット価格ならこのワインより満足度は上のスパークリングセット

ツイッターで話題の「渾身」ブルゴーニュセット↓。当研究所では赤を購入しましたが、そこそこイケますよ!

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント