直販で買うと楽天より安い!
ドイツ

良いワインに出会うと、他ワインのハードルが上がってしまう現実

カール・ローウェン リースリング・クアント

Carl Loewen Riesling Quant

参考価格:2646円

購入価格:2082円(まとめ買いでさらに10%オフ)

産地:ドイツ/モーゼル

品種:リースリング

購入元:フィラディス

インポーター:株式会社フィラディス

フィラディスのリースリングセールで購入していたうちの1本。

以前、最高のリースリングと称した、クヴェアバッハ クラシック・リースリングが素晴らしすぎたため、無意識のうちにリースリングに求める味わいの幸福度が上がってしまいました。

クオリティは十二分に満足できる味わいではあったのですが、クヴェアバッハが2千円台前半で購入できたことを考えると、千円台前半のワインかな?と思えるぐらいレベルの差があります。

しかし、このワインを好きか嫌いかで問われると好きな部類のワイン。キレキレの酸味に重厚感のあるコクが見事に調和されてバランスは上々。勝手に期待しすぎた味わいの奥行きや膨らみ、余韻を楽しむといった意味で物足りなさを抱いてしまいました。

なまじコクがあるせいで、「もっと何か来い!」と求めて肩透かしをくらった感じです。

お金持ちの方には理解できないであろう、ものすごくけち臭い微妙な話ですが、 クヴェアバッハとの価格差が600円以上あればこちらのワインを選ぶので、良質ワインであることに間違いはないですよ。

なんせ庶民にとって600円はランチ一食分、文庫本1冊分、激安スパークリング1本分の価格。ワイン選びのシビアな境界線であるのです。

マリアージュに関しての注意点

ワインの定説では白ワインに白身魚なんて語られちゃってますが、このワインに関しては白系魚類との相性は最悪。タラのフライとムニエルに合わせてみましたが、生臭さがドッカン、と湧き上がってきます。淡白なタラでも合わないので、無難にキッシュとかピザと合わせた方が良いでしょう。

余談

少し話は変わりますが、最近ツイッターで、リースリングのペトロール香に関しての記事をちらっと(長すぎて読んでない)見かけました。ガソリンを取り扱う職務を経験し、ガソリンを体にブチ撒いた事がある私としては、ペトロール感じたら気持ち悪くなります。そういった意味では未だ本当の意味でのリースリングに出会ったことがないかもしれません。逆にリースリングのペトロールを語る人は、ぜひガソリンをかぶって感じてもらいたいな、本家のペトロール臭を。

ABOUT ME
井原大賀
〜ワインをより多くの人に〜GrapeJapan合同会社代表| ソムリエ協会認定講師|ワイン評論と音声メディア運営| 人と時間に縛られない田舎暮らし