オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/北部

白ワイン品種でロゼってできるんだ。

トッレゼーラ ピノ・グリージョ ロゼ 2019

Torresella Pinot Grigio Rosé 2019

参考小売価格:1200円

産地:イタリア/ヴェネト州

品種: ピノグリージョ(ピノグリ)

購入元:かめや

インポーター:フードライナー

Torresella Pinot Grigio Rosé

ピノグリージョ(ピノグリ)と言えば、アルザスを代表とされる白ワインの品種なのですが、実はピノ・ノワールのクローンで果皮は黒系だったりします。「gris(グリ)』がフランス語で灰色なんて言うのもなんか関係してそうですね。

ピノグリ 自体が安くても比較的安定している味わいなので(大きく外さない)、物珍しさに買ってみました。

ビンテージが2019なので、リリースされた時期を考えるとごく最近のワインであることが考えられます。

色は見事なロゼピンクですが、香りが無いに等しいほど薄く、飲んでみても水っぽさがあることは否めません。

定説ではワインは水などで薄めない飲み物なのですが、明らかにブドウの絞り汁だけで造ったとは思えない薄さ。

飲みやすくて、すっきりしていて、口当たりもサッパリしているので、アルコールが苦手な人が雰囲気で飲む分には100点満点ですが、「ワイン」として考えると落第点かも。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):50点

生産地:2点

アロマ :1点

バランス :7点

余韻 :2点

複雑性:1点

買いやすさ:3点

主観:3点

総合得点:69点

庶民のマリアージュ

新コーナーです。

ウェブや書籍で著者や販売元が提案する、ワインと料理の組み合わせは概ねって手の込んだ料理や、名前が横文字の気取ったメニューばかり。実際に再現できるのは富裕層の料理上手な専業主婦か、ガチで料理が趣味の人ぐらいではないでしょうか。

そんな悩みを解決すべく、当研究所では、毎日投稿したワインで身近なマリアージュを成立させます。実際に試しているわけではないですが、ワインの味わいからしっかりイメージを捉えますので、大きく外すことは絶対にありません。すなわち、「個人の主観です!」なんていいわけはしまませんよ。

では、さっそくこのワインに合う食べ物を提案させていただきます。

  • チャーハン
  • マグロの刺身
  • ハムレタスサンド
  • わさビーフ
  • ダンドリーチキン
  • 高菜弁当

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com