オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

悔しいが、安ロゼとレベチ

ピンクガール ガッジーナ デ ピエル 2022

Pinkgall Gallina de Piel Ikigall

参考小売価格:2750円

産地:スペイン

品種: ガルナッチャ ティンタ 95%、ガルナッチャ グリ 3%、ガルナッチャ ブランカ 2%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

ミシュラン3星の元ソムリエが手掛けるスペインワイン。

今のところ、ブレンドの白ワインとカリニャン主体の赤ワインを飲んでいますが、期待以上の満足感。

その中でもこのワインはセットの中で2番目に高価な定価2750円。

名前も「ピンクガール」とユーモアとセンスに光ってますし、エチケットがまた美しい。

実際ワインのエチケットはワインの味をイメージしているとも言われていますし、期待値高く見積もって飲んでみました。

飲みはじめの温度は冷え気味の8度。

香りは控えめの柑橘系、複雑さは感じませんでしたが、飲んで納得の高いワイン。

口に含んで飲み込むのが勿体ないと思わせます。軽快なのに多層的に感じる立体感。

程よい酸味と心地よい甘み、パンチの効いたアルコール感が全体の構成を柔らか過ぎないように支えてます。

白ワインの良いところと赤ワインの良いところを詰め込んだ、「これが本当のロゼワイン」と認めざる得ない完成度。

ワンランク上のロゼワイン、勇気を持って買ってみましょう。

2/11までだとセットで1000円クーポン使って購入できますよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細


ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。