フランス/ブルゴーニュ地方

地方名以上、村名未満。その名もコート・ド・ニュイ・ヴィラージュ(地雷)

コート ド ニュイ ヴィラージュ ラ モンターニュ ピエール ティベール 2014

COTE DE NUITS VILLAGES DM PIERRE THIBERT 2014

参考価格:3045円

購入価格:2300円(店頭割引)

産地:フランス/ブルゴーニュ/コート ド ニュイ ヴィラージュ

品種: ピノ・ノワール

購入元:リカオー (店頭)

インポーター:株式会社ルミノ・ヴィーノ

庶民のワインポイント:2.1点

ワイン好きなら一度は飲んでみたい「ヴォーヌロマネ村」のワイン。しかし、そんなお高いワインを買えるのは一部の富裕層に限られます。

かといって、『ACブルゴーニュ!」なんかを闇雲に買ってしまうと、痛い目を見ることが多いです。

今回の「コート ド ニュイ ヴィラージュ」は、ブルゴーニュピノ・ノワールの銘醸地コート ド ニュイ地区の村名アペラシオン以外の村の総称(詳しくはググってね)。

店頭で20%オフの投げ売りされていたので、多少嫌な予感がしましたが、厳格な土地で造られた葡萄なら間違い無いだろうとウキウキして購入。しかも、秋のピノ・ノワール特集ってコーナーに置いてただけに、投げ売りじゃなくて、看板ワインのお試しとして解釈しました。

まず、抜栓直後から嫌な予感。

香りが全然しない、、、。グラスに思いっきり鼻を突っ込んでクンクンしなければわからないレベル。しかも口に含むと、すっぱい梅干しを食べたような感覚に陥る強烈な酸味。

余韻?

もちろん無し。

つまりは、褒めるところなし。

ブルゴーニュは当たり外れが多いとされいるので致し方ないところではありますが、

「安心のリカオー 直輸入ワイン」×「高貴アペラシオン(AOC)」

の公式が崩壊してしまうことに戸惑いを隠しきれません。

念のため、3日かけてテイスティングしましたが、多少酸味が和らいだものの、全体的な印象は変わらず残念な結果に。

ボトルの個体差や、保管時のトラブル感も否めませんが、ブルゴーニュワインは、闇雲に村名で安心するよりは、生産者で買う方が安全かも。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:3点

生産地:4点

買いやすさ:3点

売り文句:1点

リカオー さんには珍しい長文で力説したワイン紹介。詳しくは下の楽天リンクから。

アロマ:1点

複雑性:4点

余韻:1点

たいがくんポイント:0点

褒めるところがないワインは久々。

総合評価:2.1点

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント