オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/南部

箱ワインは2リットルがベストサイズ。

パトリアレ・ヴィーノ・ロッソ・ディターリア 2L 

PATRIALE Vino Rosso d’Italia 2L

参考小売価格:1958円(2リットル)

産地:イタリア

品種: プリミティーヴォ/モンテプルチアーノ/ネロダーヴォラ/メルロ

購入元:イオン

インポーター:コルドンヴェール株式会社

映画を観た帰りにイオンスーパーで箱ワインを補充。

イオンは専用コーナーがあるほど箱ワインの品揃えが充実している反面、ただならぬ地雷オーラがでているので購買欲がでてきません。先入観というのは怖いですね。

ともあれ、安くても安心のイタリアかつ、沢山のぶどう品種がブレンドされているので、大きく外すことはないだろうとこちらのワインを選択。

2千円ですし、、玉砕覚悟で挑んでみました。

初日は味見程度。というのが、びっくりするぐらい「毒っけを感じるワイン」だったのです。なんだか懐かしさというか、地雷判別が出来なかった頃によく出会ってた頭が痛くなる系。謎の薬品っぽさを感じてしまうのでしょうか。バランスが整っているようでテクスチャーが壊れています。

その後、実験としてこのワイン100%のビーフシチューを作ってみます。合わせるワインはもちろんこのワイン。結果的に美味しく頂けたものの、ある違和感に気づきます。

3リットル2千円と思っていたのですが、減りが早いと感じたら2リットルの箱ワイン。

思ってたより割高だった為、なんか損したと思いそうですが、なぜか助かったと思えたのです。

どんなに語尾を濁したり、美味しく感じようと努力しようとも、「助かった」という思いが全て物語ってました。

イオンページ内の評価は悪くないですし、生産者情報もしっかり記載されていたので、おそらく本来はもっと美味しいワインなのでしょう。察するに長期在庫の劣化ワインだったと判断してます。劣化しない箱ワインと言えど、製造日から消費までの時間は早いほうが良さそうですね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Fランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com