オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

ソーヴィニヨン・ブラン警察登場?

モイプラース ストライピーホース ソーヴィニヨン・ブラン 2021

Mooiplaas Stripey Horse Sauvignon Blanc

参考小売価格:2420円

産地:南アフリカ

品種: ソーヴィニヨン・ブラン

購入元:アフリカー

インポーター:株式会社GSAジャパン

南アフリカフリークであるmishikaさんにお勧めいただいたソーヴィニヨン・ブラン。

わたし、何を隠そう、ソーヴィニヨン・ブランには口うるさいのであります。言うならばソーヴィニヨン・ブランポリスとでも自称しましょうか、絶賛されているソーヴィニヨン・ブランを懐疑的な目線でみてしまいます。

理由は大きく分けて3つ
  1. 安くても美味しい銘柄たくさん
  2. だいたい同じような味でハズレが少ないから
  3. 何より自分が好きな品種だから

もちろん、ロワールだとかボルドーのお高いのは別ですが、新世界ソーヴィニヨン・ブランなんてだいたい同じような味だと豪語しております。

もちろん、同時に飲み比べたら違いはわかります。しかし、他の品種もバランスよく飲んでいくと月に2〜3本ぐらいに落ち着きます。そうなってくると「あっ、これこれ」みたいな感想になってしまうのです。

正直な所、今回のワインも第一印象はそのように感じていました。

「あ〜これこれ、めっちゃソーヴィニヨン・ブランの味がする♫」

普通に美味しいですが、所詮は普通止まり。

しかし、このワインの凄さはこの感じ方がポイント。

普通のソーヴィニヨン・ブランに感じるのにアルコール度数が13.5%と標準的なワインより高いのです。

庶民のワイン研究所が、美味しいワインの定義としている一つの指標に、

アルコール度数が高いのにアルコールを感じない

という指標があります。

逆に美味しく感じないワインは、アルコール度数の割にアルコールを強く感じる傾向があるので(俗にいうアルコールが浮いて感じる現象)、このワインはとてもクオリティが高いと言えます。

あとは値段との折り合いですよね。定価税込み2400円、実勢価格2千円をどう思うのか。このあたりはここの懐事情によって変わるかもしれません。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

アフリカーさんの販売リンクはこちら

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com