・テイスティング日記

2023年、新年一発目はど定番で攻める

 マンズ 酵母の泡甲州 ブリュット

参考小売価格:1600円ぐらい

産地:日本・山梨

品種: 甲州

購入元:Amazon定期便

製造元:マンズワイン株式会社

皆様、あけましておめでとうございます!

2021年自然派ワイン、2022年箱ワインと大枠のテーマを抱いて挑んでいる庶民のワイン研究所。本年度は日本ワインをテーマに挑みたいと意気込んでおります。

そんな2023年の一発目はど定番の「 マンズ 酵母の泡甲州」。

定番すぎて、脳死飲酒の正月ワインとして待機させておりましたが、過去投稿検索すると実は3年前の正月に白ラベルを飲んだぶり。

最近2週間でシャンパン4本飲んだ肥えた味覚にどう感じるかの状態で試してみました。

飲み始めは元旦の午前8時。

新年の特別な雰囲気も相まってか、平日のむシャンパンより確実に美味しく感じてます。

午前はグラス2杯程度で留め、午後からはお節料理と堪能。

日本ラベルだけあって、親族受けも良いですし、話題的にも正月ワインとして優秀ではないでしょうか。ワイン有識者の会に出したら陰口言われそうなワインですが、ワイン無有識者にアピールするにはこのあたりの銘柄は破壊力抜群です。

青リンゴとかフルーティーな要素を主体としながらも、バランス的には苦辛テイストを余韻まで保って食中ワインとして隙がありません。

ブリュット表記(辛口)が飲んで納得の辛口テイスト。普段ほろ酔いだとか甘口カクテル飲んでる人には苦くて辛いって思われそうですが、誰が飲んでも認められる間口の広さがありますよ。

Amazon定期便で千円台前半。煽りぬきで月1本仕入れて常備しておきたいスパークリング。揚げ物から煮物までカバーできる守備範囲の広さはシャンパンも凌駕しておりますよ。

本日の組み合わせ

お節料理と合わせる。全部の食材に対して無難に仕事してくれますよ。

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
ソムリエ・ワインエキスパートのおすすめ教材