フランス/シャンパーニュ地方

泡特集12弾/誕生日なんでシャンパン飲んでみた(900円)

ルイ・ニケーズ ブリュット・レゼルヴ

LOUIS NICAISE BRUT RESERVE

参考価格:4800円

購入価格:12本で10800円

産地:フランス/シャンパーニュ

品種:シャルドネ/ピノ・ノワール/ムニエ

購入元:タカムラワインハウス(楽天)

インポーター:テラヴェール株式会社

庶民のワインポイント:88.1点

泡特集をやるきっかけとなった、タカムラワインハウスのスパークリングセット。

経験済みのワインも何本かある中、あえてタブー(同じワインを飲む)を犯して購入した最大の理由がこのボトル。

900円でシャンパンが飲めるなんて買わない理由ある?

もし、900円という表現に語弊があるとするなら、このボトルの配分がセット内で4千円としよう。すると、11本で6千円のセット。

もっとわかりやすく言うと。

4000円のシャンパーニュとワンコインのスパークリング11本。

これぞ「庶民のためのワインセット」

販売開始後に瞬殺で売り切れたようなので、購入ページリンク切れしておりますが、タカムラセット未体験の方は、次のチャンスを要チェックですよ!

さて、本題のこのシャンパーニュの味わいについて、感想を述べよう。

はっきり言って、その安さ故に、在庫処理感は否めませんでしたが、ポンッと開けた瞬間に漂うシャンパーニュ香。

力強いアロマは、泡特集12本目の中でダントツ。

そして、泡の量。。。最強。

口に含むと爆発する「シャンパーニュテイスト」

味わいでいうと、第二弾の2千円シャンパーニュと同格。というか、庶民レベルでは同じワインに感じるぐらい「両方ともテキスト通りのシャンパーニュ」。同時に飲めばそりゃ違いはわかるのでしょうが、「職権をうまく利用する人じゃないと、そんなことできないでしょ。笑」

このワインについて、他サイトのレビューをチラチラっと拝借させていただきましたが、評価は低め。

でもね、普段千円以下のスパークリング飲んでいる人と、普段1万円のシャンパーニュ飲んでる人とで「評価が違うのはあたりまえ」

庶民からすれば、手の届く価格でシャンパーニュを買えるだけで満足。

しかし、今回のテーマは「泡特集」

2千円台のスパークリングと、格安シャンパーニュどちらが「格上で美味しいのか」

結論は出ておりますが、それは今月末の「泡特集まとめ」で記事にしますね。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:100点

生産地:79点

買いやすさ:80点

売り文句:ー

購入元が売り切れなので、今回は未評価で

アロマ:93点

複雑性:76点

余韻:68点

たいがくんポイント:100点

購入価格、味わい、ともに大満足。

加算点前の平均:85.1点

メディア:0点

生産者:3点

シャンパーニュだけでも豊富なラインナップ

SNS:0点点

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント