オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
・テイスティング日記

店主オススメワイン、間違いない説

丘の上 幸西ワイナリー カベルネソーヴィニヨン&カベルネフラン2020 椿

KounishiWinery CabernetSauvignon/CabernetFranc 2020

参考小売価格:2500円ぐらい

産地:日本・長野

品種:  カベルネソーヴィニヨン&カベルネフラン2020 椿

購入元:nagano base shop

製造元:幸西ワイナリー

昨日に引き続きニューワイン会の1本。

シャルドネは想像通りの日本食に合わせやすいタイプだったので、飲む場面をフィットさせることに成功しましたが、「赤はペアリングを外したときの破壊力が大きい」ので慎重に味見からスタート。

色はやや透過性のある濃い紫。

香りは易しめですが、うっとり上品系。思わず直ぐに口に含みましたが、これは高レベルの赤ワイン。

カベルネ系にしては軽いボディーで、ふわっとした口当たりなのに重心がしっかりしてます。

最近飲んだワインで例えると、「ャンクロードラパリュ・ボジョレーヴィラージュ 」と同じような方向性を感じます。

ボルドー品種なのに、上質ブルゴーニュのような雰囲気。

きっとマルさん(nagano base shop店主)は、この赤を飲んでもらいたかったって意図を感じる素晴らしいワイン。

2020年ビンテージの早飲みでも美味しく頂けましたが、これは熟成させても面白いワイン。

リアルワインガイド風にいうと、今飲んで90 飲み頃2023〜2026 とかですかね。

定価3千円後半でも納得できる味わいでしたよ。

nagano base shopさんの販売ページはこちら

本日の組み合わせ

老舗ホテルの日本食で子どもが残したハンバーグに合わせて

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。