フランス/シャンパーニュ地方

外観、香り以上に楽しめた「音」という要素

ジャン・ヴェッセル エクストラ・ブリュット

Jean Vesselle Extra Brut

参考価格:3800円(ハーフボトル)

購入価格:2000円(ハーフボトル)

産地:フランス/シャンパーニュ/モンターニュドランス/ブージィ

品種: ピノ・ノワール70% シャルドネ30%

購入元:鬼田酒店

インポーター:大榮産業

ジャン・ヴェッセル エクストラ・ブリュット

お買い得ハーフボトルシャンパーニュもこれで飲み納め。

ハーフサイズ故に、気軽にあけてしまったり、飲み足りなかったりとデメリットもありましたが、気軽に飲めて、適量で飲み終えれると逆に考えればメリットになりえます。

今回のエキストラブリュット は甘さ超控えめなタイプなので、通常だと食事の際に大活躍するのですが、純粋にシャンパーニュを集中して味わいたかったので、明るいうちに飲み始めました。

色味は濃いめの肌色っぽいゴールドなので、すぐにピノ・ノワール主体とわかりましたが、溌剌とした香りがシャルドネの要素も感じ取れたので配分予想は見事正解。

シャンパーニュの枠組みで比較するとアロマは弱め。しかし、独特でありながらも、安易にシャンパーニュと理解できる奥行きと複雑性を兼ね備えた心地よいアロマが気持ちをリラックスさせてくれます。

柑橘系の皮のような苦味的要素が主体で、骨格がしっかりしているにもかかわらず、スッキリとした飲み心地を味わえます。

泡の量が非常に豊富で、見た目や口に含んだ時の印象もさることながら、「音」でも楽しませてくれました。

バチバチバチバチバチバチ

ってグラス内で弾ける気泡が美しすぎてニヤニヤが止まりません。

普段ワインを飲まない「ハイボール好き」や「ビール派」にお勧めしたいワインです。

追記:前回のシャンパーニュの記事で、シャンパーニュは大きめのグラス推薦でしたが、今回のシャンパーニュをグラス別で飲み比べの結果、スタンダードなシャンパーニュグラスが一番好印象でした。

引き締まった味わいが特色のタイプは大きめのグラスでダレさすよりも、細めのグラスでさらに引き締めた方が好印象。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:1点

生産地:5点

買いやすさ:3点

売り文句:ー

インポーターさんページ見つからず。

アロマ:3点

複雑性:5点

余韻:3点

バランス:4点

たいがくんポイント:5点

二千円でこんなに幸福になれるなら安っすいもんですわ。

総合評価:A(お値段以上の味わい)

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント