フランス/ローヌ地方

3千円ワインの壁は高いぞ

グラン マレノン ルージュ 2019

Grand Marrenon Rouge 2019

参考小売価格:3000円ぐらい

産地:フランス・ローヌ地方

品種: シラー70%、グルナッシュ30%

購入元:トレード品

インポーター:株式会社西岡寅太郎商店

お正月に義理の両親家にお伺いした際に持って帰ってきた1本。こちらからは福袋やセットワインの重複してた種類を持っていったので実質トレードという形でございます。

インポーターははじめて知った高知県内の業者さん。創業100年以上の老舗企業で、主に地酒を扱っている様子。トップページの一番上にワインバナーもあり、ワインにも力を入れているのが伺えます。

さて、そんな今回のワインですが、奇しくも自分では選ばない赤ローヌ。ローヌの白は大好きなのですが、赤はどうも苦手。箱ワインで飲む分には割り切れるのですが、食指がどうしても伸びません。いい機会だと割り切って好みの変化を期待しながら飲んでみました。

結論、良質な箱ワインと変わらんです。

それなら箱ワインでいいやってなります。

もちろん箱ワインのレベルの高さゆえの感想なのですが、3千円ワインと思うと首をかしげます。思ったより苦手意識は解消されていたので美味しく頂けたものの、3千円の壁はこえてこないですね。

時間経過とともに多彩なグラデーションがでてくるので、味の変化を楽しめる要素はあります。しかし、ボトル1本二人で分け合うスピードで飲むなら断然箱ワインでしょう。

本日の組み合わせ

食前にテイスティング

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
ソムリエ・ワインエキスパートのおすすめ教材