オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

ワインである必要性?

ガルダッチェ ロゼ グラン・レゼルヴ / アルマ・セルシウス

GARDATGE GRENACHE SINSAULT SYLAH Grande Reserve

参考小売価格:1408円

産地:ラングドック地方

品種: グルナッシュ/サンソー/シラー

購入元:イオン

インポーター:コルドンヴェール

イオンでまとめ買いしたロゼワイン。

食事の邪魔をしない用途で購入しておりましたが、オンライン飲みで気軽に開けれる安ワインがなかったので緊急登板させました。

食事とペアリングさせているときは「安いロゼはお茶みたいなもん」と言っておりますが、ワインだけで飲むと「塩気のある硬水」のような感じがします。

程よくフルーティーなのでスルスル飲めますし、話しながら飲むとなると、ワインの主張は控えめぐらいが丁度よいってことです。

話に集中し、喋りすぎて喉が渇いた時に少し潤す。

しかし、そんな用途で飲むならワインである必要があるのか? 

と最近はペットウイスキーを常備するようにしていますが、ワインである必要があると再認識しました。

ポイントは、何も割らずにストレートで飲んで、程よいアルコール度数だから。

ビールのように炭酸が抜けて不味くなるなんてこともありませんし、ゆっくり長時間掛けて座っている場面だからこそワインが活躍できるのです。

やっぱワインっていいですよね〜。

本日の組み合わせ

オンライン飲み会で

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com