オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

あけましてワインはロゼで!

デ ウェホフリリヤ ロゼ 2021

Estate De Wetshof Lilya Dry Rose 2021

参考小売価格:2970円

産地:南アフリカ

品種: カベルネ・フラン

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

庶民のワイン研究所を御覧の皆様、あけましておめでとうございます。

テイスティング日記も4年目に突入し、マンネリ化を避けようと工夫はしてるものの、飽きられない努力をしていきますので、本年もよろしくお願いします。

さて、新年一発目は景気の良いロゼワインでスタート。マンネリ避けるって宣言しつつ、去年がウェホフスタートだったので、今年もウェホフハッピースタート。

年末の大掃除後にシャンパンと同時に開けてみました。

飲む前はシャンパンと同時開栓だったので味見程度のつもりでしたあが、一口飲んで「おぉ」っとなりました。

フルーティー系なのに、ドシッと腰を据えたボリュームがポイント。

品種や定価調べずに飲んでいたので、ピノ・ノワールかな〜とか予想しておりましたが、確認してビックリのカベルネ・フラン。

お値段もロゼにしては高価な部類なので「おぉ」っとなっていたのが、「まぁそうだよね」と驚きから納得へと変化。

店主様によれば仕入れ数が少ないらしいので、2021年ビンテージ残ってるうちがかいどきですよ(単品の商品リンク貼っておりますが、セットでこそお買い得感が発揮されます!)_

本日の組み合わせ

しゃぶしゃぶと合わせましたが、合わないわけ無いですよね!

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com